『オリエント急行の殺人』 アガサ・クリスティ




フジテレビ開局55周年特別企画として、
アガサ・クリスティの、『オリエント急行の殺人』 が、
2015年新春に2夜連続で放送されることが発表され、


脚本・監督が三谷幸喜であり、その他豪華キャストが、既に話題を呼んでいる。


1974年に名匠シドニー・ルメット監督によって映画化されたのを皮切りに、
今回で4回目の映像化となる本作。


発表された推理小説は、世界的なベストセラーとなり、
”ミステリーの女王” と呼ばれるアガサ・クリスティ。


その最高傑作と言ってもよい、『オリエント急行の殺人』 を紹介しよう。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

事件は数日がかりで、ヨーロッパを横断する豪華寝台列車、
オリエント急行の中で起きてしまう。

雪の中で列車が立ち往生している中、
金持ちのアメリカ人男性が殺されたのだ。

たまたまこの列車に乗り合わせた名探偵、
エルキュール・ポアロが、事件解決に乗り出す。

逃げ出すことができない雪に閉ざされた列車の中、
犯人はこの乗客の内の誰かに違いない。

しかし、一見すると被害者と全く関わりのなさそうな多国籍な乗客。
しかも全員にアリバイがある。

推理するポアロは、やがて、
過去の事件が今度の事件に結びついていることに気付く…

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>



映像化される度に豪華キャストが話題になる本作品は、
その奇抜な結末から、後に多くの模倣を生んだ。


今回のフジテレビ版は、舞台を日本の昭和初期に置き換え、
ポアロ役となるのは、「陰陽師」 などのヒット作を持つ、野村萬斎。


特に第2部は、三谷幸喜のオリジナルで描かれるとのことで、
新春の放送が楽しみにされている。





Leave a Comment