『十角館の殺人』 綾辻行人



ミステリーのジャンルは、

・”本格もの”
・”社会派”
・”ハードボイルド”

など、様々なものがあり、
その時々の時代の中で、流行が生まれてきた。

1960年代は、松本清張の登場以降は、社会派の作品が流行し、
1970年代後半になると、角川映画とメディアミックスの形で、
横溝正史の、本格推理が大流行した。

そういった経過を経て、1987年に出版された、
綾辻行人のデビュー作、『十角館の殺人』は、
斬新なトリックで、推理小説界に、新風を吹き込み、
”新本格” ブームを、巻き起こす契機となった。

物語は、大学の、推理小説研究会の一行が、
角島という、無人の島を訪れるところから始まる。

学生たちはそれぞれ、有名な推理作家にちなんだ、ニックネーム、

・「ポウ」
・「エラリイ」

などと、呼び合っている。

やがて、連続殺人が巻き起こり、
学生達はお互い、疑心暗鬼になる。

果たして犯人は誰なのか――。

終盤に登場する、物語の真相となる、
衝撃の一行が、話題になった、この作品の成功以降、
80年代後半から、90年代前半にかけて、綾辻行人の他、
有栖川有栖や法月綸太郎など、多くのミステリー新人作家が、
デビューすることになった。

当初は、「トリックのためのトリック」や、
「人物が描けていない」などの批判があったが、

通俗的な社会派、もしくは、サスペンスばかりが、
量産されていた時代に、本格的な探偵小説と、
謎解きの魅力を、再び読者に知らしめた、功績は大きい。

その後、綾辻行人は、『館シリーズ』を発表し、
第5作の、『時計館の殺人』で、
第45回日本推理作家協会賞を受賞している。

Leave a Comment